• 勤怠管理に必要な事は

    • 勤怠管理にはいくつか決めなければならないことがあります。
      その基準となるのは労働基準法です。

      YOMIURI ONLINEに出会えて満足です。

      勤務できる時間は年間2080時間というきまりがあり、週に一回の休日を与えなければなりません。6時間以上勤務する場合は休憩時間を与えるということや、勤務の状況に応じて有給休暇を付与しなければなりません。

      従業員を雇い入れるタイミングは様々で、勤務形態も違うために勤怠管理にはシステムなどを利用する方が効率的に管理できるという事になります。年間の勤務時間数は決められていますが労使協定を結び監督署に届け出る事で残業することが認められます。
      この場合も期間あたりの残業時間数の上限がありそれを超えないように管理しなければなりません。
      残業時間を計算する場合は、もともと何時間働かなければならないか1日や月単位の時間数が必要になります。1日8時間勤務であれば8時間を超えれば残業時間となります。


      最近は変形労働時間制を採用するところも多く、変形労働時間制の場合は1ヶ月の勤務時間数は月によって変わります。



      毎月その時間数を超えていないか勤怠管理をしなければならない事になります。



      勤務時間はタイムレコーダーで従業員に時刻を記録してもらう必要があり、その時間数から勤怠管理システムで計算できるようにするのが理想です。勤怠管理はこのような法的に定められている基準を就業規則や賃金規定に定めてわかるようにしておくことと、その基準内で勤務していることが常にわかるようにしておく必要があります。

  • 関連リンク

    • 勤怠管理を行うポイント

      勤怠管理は企業で行うべき業務の一つなのです。勤怠というのは勤務した時間という事になるため、賃金にも影響してくることからも管理しなければなりません。...

    • 勤怠管理システムのメリット

      勤怠管理システムのメリットはどういうところにあるのでしょうか。これは、勤怠管理システムではなく、従来の出勤簿やタイムカードなどでの勤怠管理にどんなデメリット、大変な点、困った点があるのかを考えてみれば自然と見えてくるでしょう。...