技術革新と共に消費者が利用するメディアの形は変わります。

例えば読書の分野でも技術の進歩が大きく影響を与えています。本と言えば紙の物を指す、それが今までの常識でした。ところが最近ではIT技術の発達などによって、電子書籍という新しい文化が一般消費者の間に広がり始めています。当初は一過性の流行に終わると言われた電子書籍ですが、今では新しい読書の形として、老若男女問わず受け入れられています。

紙の本から電子版の本へ、メディアのスタイルは時代の流れと共に徐々に変化をしていき、昨今ではスマートフォンやタブレットで知識や情報を得る事が普通になりました。勿論紙のメディアの役割は終わっておらず、それぞれに得意分野があるため、これから電子と紙は共存共栄の関係になると考えられています。元々漫画というメディアは非常に電子書籍に向いている物です。いわゆる見開きが電子版では綺麗に表示されます。細かい部分もアプリの拡大機能を活用すればクリアに確認する事が出来ます。

また電子版だからこそ出来る芸当も多いです。例えば往年の名作コミックがアプリ版では、リアリティー溢れるフルカラーで配信されています。モノクロの漫画も味わい深いですが、アニメ的なフルカラーで表現されたアプリ版の方が満足行く読書体験か送れます。アプリ限定で配信されている電子書籍もありますし、まとめ買いをすれば紙よりも非常にお得な価格でゲット出来る等、一般消費者に嬉しいメリットが数多く用意されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *