インターネットは新しいメディアとして注目されており、特に既存の媒体にはない情報の双方向性が最大の特徴です。

既存のメディアの代表格であるテレビや新聞ですが、専門家やコメンテーターの情報を正しく得られる利点がある一方で、視聴者や読書がリアルタイムで配信されたデータに対してリアクションを取る事が出来ません。また価値観が多様化する昨今、既存のメディアの利点でもあった大衆に向けて広く浅く情報を伝えるという特徴が裏目に出る事も増えました。成熟した消費者は広く浅く伝えられる情報では満足する事が出来ません。

自分の知りたい情報が新聞やテレビには掲載されておらず、結局自分で検索した方が良いという結果になるためです。特に最近のマスコミは情報源が偏っているとも指摘されており、メディアリテラシーに優れた消費者程、テレビではなくスマートフォンのアプリで情報を探しています。ネットはフェイクニュースが多いと言われていますが、それ以上に既存の媒体がスルーした有益な情報が大量に掲載されています。

更にテレビや新聞とは違い、消費者が自分の価値観とリテラシーで主体的に媒体にアクセスする事が出来るため、本当に今自分自身にとって知りたいデータを瞬時に引き出せます。ワイドショーで放送される「町の声」よりもSNSアプリで見られる実際の人々の声の方が、いわゆる世論を正しく反映しています。近頃では既存のメディアよりもSNSアプリをメインに情報を収集する政治家や経営者の方々が増えて来ました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *