昨今はアプリを利用する人が多くなっているので、メディアもこのアプリを意識して情報を発信する必要性が出てきています。

利用者が多いという事は、それに対応する必要性があり、この対応が遅れれば一気に視聴者を失ってしまうという事が起きるようになるので、これはメディアにとっても死活問題となるとも考えられています。既にこれまでのテレビや新聞というものがオールドメディアといわれるようなものとなり、新しいものは全てアプリを考えて作られるようになっているという状態ですから、それも当然でしょう。

これからテレビや新聞はどんどんと力を失っていく事になると考えられます。何しろアプリは24時間使うことが出来て、それでいていつでも欲しい情報にアクセスできるわけですから、利便性という点では比較になりません。しかも今のオールドメディアは妙に偏向しているという事が分かってきているので、そのようなフィルターがかかった情報はネットではすぐに暴かれてしまい、目もくれなくなるという事になっています。

オールドメディアはネットのアプリを使用しているような人をネトウヨなどと呼んで差別をするような事をしていますが、既にネットの方ではそのような昔の情報媒体を見もしないようになっているので、大きな時代格差が出てきているという事になっています。既に古い情報媒体では満足できる若者は居なくなってきているという事を認識する必要があるでしょう。時代はネットから生まれるように既になっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *