オウンドメディアというのはあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、主に企業において、自社の認知度を高めることや、自社製品を顧客によく知ってもらおうとするマーケティングの用語の一つになります。

広告宣伝の一種と考えてもらって構いません。そして、オウンドというのは英語ではownedであり、自分のもの、持っているものというような意味になります。つまり、オウンドメディアとは自社で持っているメディア、広告宣伝媒体とでも呼べるような意味となります。具体的にどんなものが考えられるかというと、別に難しい話ではありません。今では自社のウェブサイト、ホームページを持っている企業も多いでしょうが、これらはまさに自社で持っている媒体であり、オウンドメディアの代表的なものということができます。

では、自社で持っているわけではない広告宣伝媒体にはどのようなものがあるのでしょうか。これも別に難しく考えることはありません。例えばテレビCM、雑誌広告などを考えてみてください。これらの広告は、内容はもちろんその企業固有のものでしょうが、メディアとしては自社で所有している訳ではなく、お金を払って広告を出してもらっているわけです。その意味で、ペイドメディアと呼ばれることもあります。あるいは、今の時代に非常に重要になってくるメディアとして、SNSなど自社の意思とは無関係に一般の人が良い意味でも悪い意味でも拡散してくれる媒体もあるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *