オウンドメディアというのはマーケテイング用語の一つで、企業の広告宣伝媒体の分類の一つです。

企業の広告宣伝媒体にはどのようなものがあるでしょうか。今でも非常に重要なメディアとして、テレビや雑誌などの広告があります。これらは、企業が対価を支払った上で広告を出してもらっています。しかしこれはオウンドメディアとは呼びません。オウンドとは自分で所有しているという意味であり、他の会社に対価を支払って広告を出してもらっているのはこれに該当しません。

しかし、テレビ会社や出版会社でも無い限り、自分の会社で何らかのメディアを所有していることなどないのではないかと言われるかもしれません。確かに、一般的な意味でのメディアに関しては、テレビ局や出版会社など、それを専門に行っている会社しか所有していないかもしれませんが、話を自社の広告ということに限るのであれば別にどんな会社であっても可能です。例えば、自社の店舗前に看板を出したり、自社ビルの壁面や屋上に大型看板を掲げている企業もあるでしょう。

これらは立派に自社が所有している広告宣伝媒体ということができますから、オウンドメディアの一つです。このように考えると、別に今に始まった話ではなく、古くからある手法の一つだということができます。あるいは、今ではこのような会社は少ないのかもしれませんが、自社内でチラシを作成し、それを社員が道行く人に配布するというのもオウンドメディアと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *