ポイントカードは様々なところで発行されています。

しかし、普段使わないものでもいざ使いたい時に持っていないと付与されないため、とりあえず全てを持ち歩いている方も多いのではないでしょうか。そのような方にお勧めがポイントカードアプリです。まず、簡単なものとしては、スマートフォンのカメラ機能を利用して、ポイントカード背面のバーコード部分を読み取り種類ごとや目的ごとに分類して保存できるものです。

用する時はその保存画面を店頭でスキャンしてもらうことでおおむね同様に利用ができます。次に、公式アプリからオンライン上でのみポイントサービスに入会できるものの場合は、その画面上にQRコードかバーコードの表示機能があり、それを同様にスキャンしてもらい利用することとなります。一般的にQRコードの場合は、情報量を多くすることができる反面、専用の端末などによる読み取りが必須です。

なお、公式アプリ版のものの多くはインターネット接続が可能なため、リアルタイムで利用履歴や残高確認ができる利点もあります。さらに、公式のものであれば、社内規約などによる利用制限を受けることもありません。最後に、公式アプリから発行されるものでもオンライン上でのみでしか利用できないものについてはバーコードなどはなく、作成したアカウントや会員番号と紐付けされて利用するネット利用限定のものが一般的となります。このようにポイントカードとして利用できるアプリには様々なものがあり、上手に活用することで、実際に持ち歩くカード枚数の削減や残高などのリアルタイム確認など使い勝手が向上するものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *