• 勤怠管理を行うポイント

    • 勤怠管理は企業で行うべき業務の一つなのです。



      勤怠というのは勤務した時間という事になるため、賃金にも影響してくることからも管理しなければなりません。また今企業に求められているのは長時間労働の抑制です。

      長時間労働をすることで従業員が体調を崩してしまったり、メンタルヘルスとしても悪い影響を及ぼしてしまうのです。
      勤怠管理を行うポイントとしては、社員やパートといった雇用形態がありますがそれぞれ何日勤務して何時間働くのが標準なのか決めなければなりません。

      その基準を元に管理をする事になります。

      例えば年間休日より出勤日数を求めることができ、時間数は法的な基準である2080時間以内といったような基準です。

      パートの場合は法的に1日8時間と定められていますが、勤務時間によって社会保険が変わってくるために個別に契約時に確認をする事になります。

      BIGLOBEニュース情報を見つけましょう。

      これら勤務日数や勤務時間を基準として、その時間を超えた場合は残業時間として手当を支給する事になります。これは賃金に関わってくる事になり1日の残業時間数や週の残業時間数を計算します。



      残業時間数の計算は勤怠管理システムなどで運用すると効率的に行うことができます。毎日従業員は出勤時刻、退勤時刻をタイムレコーダーなどで記録をするので、その時間数より自動的に計算されるように仕組みを作るのです。

      勤怠管理は賃金を計算する根拠とも言えますのでシステムで確認できるようにしておく事、また長時間労働を抑制するためにも日々の勤務状態がわかるようにする事です。

  • 関連リンク

    • 勤怠管理システムの必要性

      最近の企業は社会的な責任をといったこともあり、利益を上げるということだけでなく、従業員が働きやすい環境を整えるという動きが目立ってきています。そのなかでも重要なことが勤怠管理なのです。...

    • 勤怠管理システムの注意点

      勤怠管理システムは導入しさえすればとにかく何でも業務が効率化するとは限りません。システムなのだからきっちりやってくれるだろうというような甘い見通しで勤怠管理システムを導入しても失敗してしまうことがあります。...