• 勤怠管理システムのメリット

    • 勤怠管理システムのメリットはどういうところにあるのでしょうか。

      これは、勤怠管理システムではなく、従来の出勤簿やタイムカードなどでの勤怠管理にどんなデメリット、大変な点、困った点があるのかを考えてみれば自然と見えてくるでしょう。



      タイムカードの場合はともかく、単なる出勤簿の場合に最も大きな問題となるのが、正確な勤務実態の把握が困難ということでしょう。
      その日に出勤、勤務していたということは分かっても、何時から何時までの何時間働いたのかが分かりません。残業、早退などの勤務実態の把握が困難です。

      タイムカードにすればこのような問題は解決されます。
      出勤時刻、退勤時刻が分かりますので、正確な勤務実態を把握することができるようになります。

      しかし、まだ大変な点は残っています。



      それが、最終的な集計にあたっての作業です。

      @niftyニュース情報もきっとあるはずです。

      出勤簿にせよタイムカードにせよ、そこから最終的に各人の勤務時間を集計して毎月の給料に反映させるためには、どうしても手作業を行わなければなりません。
      これは手間がかかるということもありますし、何よりも間違いの起きる可能性が高くなります。
      このようなデメリットを解消してくれるのが勤怠管理システムです。
      勤怠管理にシステムを導入すれば、もちろんそれぞれのシステムをどこまで構築するかにもよりますが、例えば勤務時間の集計を自動的に行ってくれたり、さらにはそこから各人の毎月の給料まで自動的に計算してくれたりもするのです。

  • 関連リンク

    • 勤怠管理システムの必要性

      最近の企業は社会的な責任をといったこともあり、利益を上げるということだけでなく、従業員が働きやすい環境を整えるという動きが目立ってきています。そのなかでも重要なことが勤怠管理なのです。...

    • 勤怠管理システムの注意点

      勤怠管理システムは導入しさえすればとにかく何でも業務が効率化するとは限りません。システムなのだからきっちりやってくれるだろうというような甘い見通しで勤怠管理システムを導入しても失敗してしまうことがあります。...