• 勤怠管理システムの注意点

    • 勤怠管理システムは導入しさえすればとにかく何でも業務が効率化するとは限りません。

      システムなのだからきっちりやってくれるだろうというような甘い見通しで勤怠管理システムを導入しても失敗してしまうことがあります。



      かえって非効率が生じたり、適切な勤怠管理が行われなくなったりするわけです。

      YOMIURI ONLINEを考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

      一見、システムではなく人の手で行うことは非効率のように見えますが、その反面、人間というのは多少のイレギュラーや変更にもその場で柔軟に対応できるという良い点も持っています。
      勤怠管理システムを導入したことでそのような人の手で行うことの良い点が失われてしまい、かつシステム導入によるメリットも十分に享受できないようだと、それは失敗と考えられるわけです。

      考慮すべき要素として、自分の会社の規模にあっているか、就業形態にあっているか、他のシステムとの連携が可能かといったあたりが挙げられます。
      従業員数の少ない会社が大規模なシステムを導入してもメンテナンス費用ばかりかかるということになりかねません。


      また、自分の会社の就業形態に対応できるシステムかどうかを見極める必要もあります。


      全員が一律に9時から5時まで働く会社であれば問題は少ないかもしれませんが、時短勤務、フレックス勤務、交替勤務、直行直帰など、就業形態にもいろいろあります。



      自分の会社で採用されている就業形態に対応できるシステムでないと、導入はしたものの、いわゆる使えないシステムになってしまいます。


  • 関連リンク

    • 勤怠管理システムの必要性

      最近の企業は社会的な責任をといったこともあり、利益を上げるということだけでなく、従業員が働きやすい環境を整えるという動きが目立ってきています。そのなかでも重要なことが勤怠管理なのです。...

    • 勤怠管理システムの注意点

      勤怠管理システムは導入しさえすればとにかく何でも業務が効率化するとは限りません。システムなのだからきっちりやってくれるだろうというような甘い見通しで勤怠管理システムを導入しても失敗してしまうことがあります。...