• 勤怠管理システムの必要性

    • 最近の企業は社会的な責任をといったこともあり、利益を上げるということだけでなく、従業員が働きやすい環境を整えるという動きが目立ってきています。
      そのなかでも重要なことが勤怠管理なのです。


      より快適に働くために労働日数や労働時間といった条件は大きく関わってくることになります。



      休日が取りやすい、残業がないといったことは理想的な企業像ともいえます。

      しかし実際はほとんどの企業では休日出勤や残業が行われているのです。

      それを少しでも改善することができるように管理する必要があり、勤怠管理によって現状を把握することから始まります。

      @niftyニュースのことならこちらのサイトをご覧ください。

      まず企業として法的な違反をしていないかということで、労働基準法に定められている基準内に労働時間が収まっているのか管理をしなければなりません。
      もし残業をしているような場合があれば、それは手当として支払う義務があります。



      労働時間を管理するためにはいつでも最新の状況がわかるようにしなければなりません。

      その手段として勤怠管理システムがあります。
      これは全従業員に対して、出勤時間と退勤時間を記録するようにして、勤務時間を計算できるようにしておくのです。


      残業時間は規定時間より計算することができるため、自動的に計算するように勤怠管理システムを設計しておくことで、残業時間が多い場合は改善するように指示を出すこともできます。
      また勤怠管理システムは給与計算とも連携させることができるので、勤怠の情報を給与に流して計算の根拠とすることができます。

  • 関連リンク

    • 勤怠管理システムの必要性

      最近の企業は社会的な責任をといったこともあり、利益を上げるということだけでなく、従業員が働きやすい環境を整えるという動きが目立ってきています。そのなかでも重要なことが勤怠管理なのです。...

    • 勤怠管理システムの注意点

      勤怠管理システムは導入しさえすればとにかく何でも業務が効率化するとは限りません。システムなのだからきっちりやってくれるだろうというような甘い見通しで勤怠管理システムを導入しても失敗してしまうことがあります。...